13日 9月 2019
2019年版ブドウ品種解説(5冊)を山国屋のお客様にプレゼントします。 9月22日 5名のお客様に送付し、プレゼントは終了しました。 約300品種のブドウを解説しており、関東甲信越で購入可能なブドウを写真付きで解説しています。 シャイン マスカットの子供のブドウが開発され、オリンピックの頃には、新しいブドウが 多種収穫されることが期待されます。...
29日 8月 2018
ロザリオ ロッソ(赤い葡萄)とシャイン マスカット(黄緑の葡萄)を掛け合わせたスカーレット(皮をむかずに食べれる、種無し、赤い葡萄)が作りだされた。 葡萄の木が若いので、まだ、小さな房、粒だが、年々、大房、大粒になっており、東京オリンピック2020には、 シャイン マスカット並みの大粒、大房のスカーレットが収穫できると期待している。
30日 11月 2017
柿本人麻呂は、「瓜食めば 子ども思ほゆ 栗食めば まして偲はゆ いづくより 来りしものぞ 眼交に もとなかかりて 安眠し 寝さぬ。」と歌っているが、私は、柿を食べると孫を思う。なぜ、瓜や栗だったのだろう。
日本古来のぶどう · 22日 10月 2017
甲州ぶどうは、紫紅色の甘く、果皮は厚いが果肉離れがよく、のど越しまろやかで、800年以上前から食べられてきました。 甲州市勝沼の大善寺には、ぶどうを手に持った薬師如来像(国宝)がまつられています。 最近は、甲州白ワインが、国際ワインコンクールの金賞を受賞したことで、ワインの原料を味わってみたい人が増え、甲州ぶどう人気も上昇しています
甲斐路は、甘くてこくがあり、ほのかな香りの美しい葡萄で人気が高かったが、栽培が難しい。 そのため、甲斐路によく似ていて、栽培が容易な嶺を、早生甲斐路と名付けて、販売する店が増えた。 今では、赤嶺が甲斐路として売られ、本物の甲斐路を 買うことが難しくなっている。...
25日 9月 2017
黄緑色 まが玉形の粒で果皮は薄く、果肉は締り、皮ごと食べるぶどう。 食味は、甘いがあっさりとしている。 イタリア原産の種無し、皮をむかずに食べれる欧州で人気のぶどう。
14日 9月 2017
特大サイズ(1.5kg)とLサイズ(800g)のシャイン マスカット ぶどう作りの名人によれば、実をつけるようになってから5年、健康に育ったぶどうの木だから1房1.5kgものぶどうが収穫できる。また、年々、大きなぶどうの実がなり、どこまで大きくなるか楽しみだそうです。...
12日 9月 2017
1.4kgもあるシャインマスカットが手に入った。苗木を植えてから10年近くの壮年の木では、毎年、ぶどうの粒・房が大きく育つようになる。 シャインマスカットから、赤、黒、黄緑のぶどうが開発されたので、3年後の東京オリンピック以降は、皮ごと食べる種無し巨大ぶどうが主流になると期待する。 写真撮影サークルの友に見せてやろう。
10日 9月 2017
赤いぶどう(マニキュア フィンガー)と 黄緑のぶどう(ロザリオ ビアンコ)を 手に入れた。 甘く、皮が薄いので皮ごと食る。美味しくて 珍しいぶどうなので、子や孫に贈ってあげようと思う。 東京オリンピックの時には、外人とのパーティーには、こうした皮ごと食べられるぶどうを出そうと思う。
05日 9月 2017
甘くて美しい、赤いぶどう。 黄緑色のロザリオ・ビアンコとセット で贈り物にする。 藤稔の赤くなったぶどう(ルビー ロマン) と比べると小粒で物足りない。

さらに表示する